対処法

ラバーカップトイレのつまりの対処法では、ラバーカップなどを使用して自分で解決する方法と、自分で対応しきれない場合は業者に依頼します。ここでは、自分で対処する方法についてご説明します。

自分でつまりを取る場合は、ラバーカップを使用します。まず、ビニールシートを用意し、ラバーカップの柄を通すための穴を開けて柄を通します。便座の周りに水が飛び散らないように、ビニールシートは便器を覆える大きさにします。次に、便器の排水溝と隙間が出来ないようにラバーカップをゆっくりと押し当て、勢いよく引きます。排水溝に水が引き込まれるようになるまで繰り返し行います。その後バケツで勢いよく水を流します。この際、タンクの水を流すのではなく、必ずバケツに水を用意し、その水を流すようにして下さい。つまりが解消されていなかった場合、便器の水が溢れてしまう恐れがあります。それでもつまりが解消されない場合は、ワイヤブラシを使用する方法もあります。途中で折れてしまわないよう強度のあるものを選んで下さい。螺旋を描捻じったりったり、前後させたりしながらワイヤーを突っ込んで下さい。ちなみに、トイレつまり情報掲載【水回りのカイケツ君】では、対処法をさらに詳しく掲載しています。こちらも参考にしてみてください。

しかし、ここまでしてもつまりが解消されない場合は、あまり無理はせず、業者に依頼するようにしましょう。続いて、トイレのつまり予防について紹介します。