予防法

トイレについてつまりの原因は、トイレットペーパーの使い過ぎや異物を流すなどがほとんどです。ここでは、予防法として様々な方法をご説明します。

まず、水の流し方です。節水の為にタンク内のペットボトルなどを入れている方もいますが、タンクの水量は、便などがスムーズに排水される為に必要な量が計算されており、大と小で使い分けをしています。タンク内の水量が少ないとスムーズに流す事が出来なくなり、つまりの原因となります。次に、食べ物や吐瀉物です。これらには油分が含まれている為、つまりやすくなります。油分は水に浮く性質で一か所に固まりやすい為、便器内や排水溝に付着して水が流れにくくなってしまいます。また、胃酸により浄化槽内のバクテリアが死滅し、浄化機能が低下してしまう事もあります。トイレで嘔吐した場合はいつも以上に水を流し、洗うなどしてなるべく油分を流すようにします。その他、トイレに入る前にポケットの中身を確認し、間違って便器に流してしまわぬようポケット内を空にしたり、万が一落としてしまった場合は速やかに取り出し、決して流さないようにします。

ラバーカップやワイヤーを使用しても改善されない場合は無理はせず、早い段階で業者に依頼しましょう。また、日常生活を送る上でトイレは、無くてはならない物です。普段からつまりを起こさぬよう、水量などを勝手に操作せず、正しい使用法で大切に扱いましょう。


Comments are closed here.