予防法

トイレについてつまりの原因は、トイレットペーパーの使い過ぎや異物を流すなどがほとんどです。ここでは、予防法として様々な方法をご説明します。

まず、水の流し方です。節水の為にタンク内のペットボトルなどを入れている方もいますが、タンクの水量は、便などがスムーズに排水される為に必要な量が計算されており、大と小で使い分けをしています。タンク内の水量が少ないとスムーズに流す事が出来なくなり、つまりの原因となります。次に、食べ物や吐瀉物です。これらには油分が含まれている為、つまりやすくなります。油分は水に浮く性質で一か所に固まりやすい為、便器内や排水溝に付着して水が流れにくくなってしまいます。また、胃酸により浄化槽内のバクテリアが死滅し、浄化機能が低下してしまう事もあります。トイレで嘔吐した場合はいつも以上に水を流し、洗うなどしてなるべく油分を流すようにします。その他、トイレに入る前にポケットの中身を確認し、間違って便器に流してしまわぬようポケット内を空にしたり、万が一落としてしまった場合は速やかに取り出し、決して流さないようにします。

ラバーカップやワイヤーを使用しても改善されない場合は無理はせず、早い段階で業者に依頼しましょう。また、日常生活を送る上でトイレは、無くてはならない物です。普段からつまりを起こさぬよう、水量などを勝手に操作せず、正しい使用法で大切に扱いましょう。


対処法

ラバーカップトイレのつまりの対処法では、ラバーカップなどを使用して自分で解決する方法と、自分で対応しきれない場合は業者に依頼します。ここでは、自分で対処する方法についてご説明します。

自分でつまりを取る場合は、ラバーカップを使用します。まず、ビニールシートを用意し、ラバーカップの柄を通すための穴を開けて柄を通します。便座の周りに水が飛び散らないように、ビニールシートは便器を覆える大きさにします。次に、便器の排水溝と隙間が出来ないようにラバーカップをゆっくりと押し当て、勢いよく引きます。排水溝に水が引き込まれるようになるまで繰り返し行います。その後バケツで勢いよく水を流します。この際、タンクの水を流すのではなく、必ずバケツに水を用意し、その水を流すようにして下さい。つまりが解消されていなかった場合、便器の水が溢れてしまう恐れがあります。それでもつまりが解消されない場合は、ワイヤブラシを使用する方法もあります。途中で折れてしまわないよう強度のあるものを選んで下さい。螺旋を描捻じったりったり、前後させたりしながらワイヤーを突っ込んで下さい。

しかし、ここまでしてもつまりが解消されない場合は、あまり無理はせず、業者に依頼するようにしましょう。続いて、トイレのつまり予防について紹介します。


トイレのつまりの原因

トイレットペーパー日常生活の中で起こるトラブルの中で、トイレのつまりは最も緊急性、重要性の高いトラブルです。トイレのつまりとなる原因や対処法には、様々なものがあります。ここでは、トイレのつまりの原因について、ご説明します。

トイレのつまりの原因で多いのが、トイレットペーパー以外のものを流してしまう事です。トイレットペー切らして知ってしまった場合、使用される事の多いティッシュペーパーは、水に溶けません。その為つまってしまうのです。生理用品やオムツも水に溶けない為、流してはいけません。更に、子供がいる家庭などでは、子供がいたずらでおもちゃなどを流してつまらせる事もあります。また、ポケットに携帯電話やお金などを入れたまま気付かずに流してしまったり、トイレットペーパーやペーパークリーナーなどを大量に流す事でつまってしまう事もあります。トイレットペーパー以外のものを便器に落としてしまった場合は、素早く取り出すようにします。水に溶ける性質ではあるトイレットペーパー、トイレに流す事が可能なペーパークリーナーも、大量に流してしまうとつまってしまいます。使用する際は正しい用法で使用して下さい。流す量が多くなる場合は、複数回に分けて流すようにしましょう。

トイレのつまりは、大きい固形物を流した場合以外は徐々に進行していく事がほとんどです。自分で対処出来る事もありますが、業者に依頼しなければならないケースも多々あります。普段より水位が高い、異音がするなどの場合は、速やかに対処する事が重要です。それでは、次の記事では、対処法について紹介させていただきます。